Conditioning Meisterエリコの気ままなPT-Blog

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、姿勢も良くなりたいし…そんな貴女に送る、心も身体もスッキリ!そんな情報を少しでもお伝えしていくblogです!

インソールに身体を合わせる。

インソールのお話の続きです。

前回はこちら↓

http://eriko-pt.hatenablog.com/entry/2018/07/05/174940

 

インソールを作る時に、どの程度のクオリティのものを作るといいのかなーって悩むことがあります。

というのは『インソールに身体を合わせることができる人とできない人がいる』からです。

 

『インソールに身体を合わせることができる人』というのはある程度、体幹でのバランス反応がとれる人と言ったらいいと思います。多くの方はこちらに該当します。

先日も股関節から太ももにかけて痛みのある方がいて、いつも内またで足の小指側で身体を支えていることが多い状態でした。うまく足の親指側に体重をかけて支えられると、身体の軸を使えるようになり痛みが、なくなることがわかったので、インソールを作ると同時に歩き方を指導して、どのような感覚で歩くと痛みが出にくいかをお伝えしました。

結果的に始めて来た時の痛みを10とすると(立ち上がったり歩くのも辛そう)、コンディショニングや立ち上がりの指導と自主トレの指導で7までさがり、4回目にインソールを作成して歩き方を指導したことで1まで痛みが軽減しました。歩き方は以前からの癖ですから、インソールに身体を合わせるように歩いてもらうことでよくなった例ですね!

 

「インソールに身体を合わせることができない」とは何かというと、体幹でのバランス反応がうまく起こらないということです。そのためインソールが高度過ぎた場合、以下のような反応が起こります。

 

*インソールを作った初日はよかったけど、徐々にふらつくようになった。

*インソールをはくと疲れる

 

今までのところ脳血管障害の方に多い印象があります。この場合まずは簡易的なインソールを作ります。20分〜30分で作れます。その後はリハビリやピラティスを続けることで、通常のインソールを作ることもあります。

 

なので身体と相談しながら、楽に感じるか、踏み込みやすいか、バランスがとれるかなどに着目していくといいかなと思います。

 

いずれにせよ、インソールはセラピストやインストラクターの手を離れても効果を出し続ける優れものです!

有効に活用できると、最高ですね!

 

★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com