痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、プロポーションもよくしたい!そんな欲張りな貴女へ。〜Conditioning Meisterエリコの気ままなPT-Blog〜

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、姿勢も良くなりたいし…そんな貴女に送る、心も身体もスッキリ!そんな情報を少しでもお伝えしていくblogです!

腰痛×ポールスターピラティス×身体を整える

ピラティスの試験が無事終わり、2度目の正直で合格しました!!

 

めでたい!!よかった!

 

ところでピラティスではcore controlの重要性が言われていますが、今日は腰痛に対して坐骨を軸としたヒンジバックがよく効いたのでまとめてみます!

 

腰痛もいろいろな原因がありますが、今日は反りやすい姿勢の方でした!

姿勢をよく!というと反ってしまう方も多いのですが、本来は脊柱のS字カーブをうまく使えるようにすることが重要です。

 

今日は腰椎の上部の伸展が強く、腹部は弱く股関節がうまく使えない方に対して、まずは前鋸筋をsupine scapula series で誘導し、腹部を入りやすいアライメントへ。そこから腸腰筋のコンディションを整えて行きました!

ここでエロンゲーションがでてきたのでさらにfootwork with tower barにて股関節の分離を促し、股関節の動きを引き出しました。そうすると動きの中で股関節が使えてくるのと、体幹が安定してくるんですね(*・∀・)

背臥位で体幹のコントロールが安定したところで座位へ。坐骨をしっかり感じながらエロンゲーションを出します。tower bar を持って上肢のサポートを使いながら行いました。ここから坐骨を中心にヒンジバック。ストレッチポールを使って骨盤のアライメントを感覚刺激で促しつつ行います!同時に抗重力が苦手なので、サポートしておきます。

そこでしっかりS字カーブを出し、core controlとエロンゲーションを確認してヒンジバックを行うとさらにいい感じでした!

終わったあとは腰痛もなくなったとのことでバッチリ!

 

やっぱりエクササイズをその人に合わせて使い込むこと、そのためにもベーシックなやり方を教えることが重要だなぁと思います!

これからはどんどんアレンジして、理学療法で得たこと、ピラティスで得たことをうまく昇華させて行きたいと思いました!忘備録的な感じですが、思いついたことを残していければと思います。

★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com