Conditioning Meisterエリコの気ままなPT-Blog

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、姿勢も良くなりたいし…そんな貴女に送る、心も身体もスッキリ!そんな情報を少しでもお伝えしていくblogです!

中野信子さん「努力不要論」を読んで得たこと5つ!

ホンマでっかにも出ている脳科学者の中野信子さん。

東大出身の脳科学者で、なんだかヘビメタが好きで、黒髪はカツラで本当は金髪の人という情熱大陸にも出てた人です。

 

この情熱大陸の時からなんとなく興味はあったのですが、ふと本屋で興味が湧き、読んで見ました。

 

タイトル「努力不要論〜努力したら負け〜」

この本は脳科学となっているけど、細かいことはほぼなく、本当にさらっと読めるなんだか息抜きにはいい本でした!

 

この本で得たこと5つ紹介します。

 

1、真の努力というのは本来、成果を出すために必要な①目的を設定する、②戦略を立てる、③実行する、という3段階のプロセスを踏むことです。(p42)

2、「生まれ持った才能で活躍している人」を見て「ずるい」と感じてしまうとき、その人は自分が持っている才能には気づいていないのです。(P133)

3、我慢の限界を超えると、「自分はこれだけ正しいことをしたんだから、許される」という言い訳を、なんと無意識のうちに脳がやってしまっているのです。(P54)

4、才能があるかないかというのは、自分が持っている適性を知って、自分の評価軸を確立できているかどうかということにつきます。

5、ヒトは、努力よりずっと、遊びが必要な生き物なのです。(p76)

 

読んでみて小さな矢がいっぱい刺さった感じです。書いてあることはおそらく人生経験でも学べることでしょう。なので「あるある」と言えばその通りです。でもこれを本で読むことで、改めて腑に落ちるという感じかな。

 

タイトルにあるような努力不要というわけでなく、自分の才能を知って正しく努力したら、そもそも努力と感じないんだろうな。ストレスも嫉妬も僻みも感じないだろうなということでしょう!

 

自分の軸をしっかり持つことで、ブレずに楽しく人生が送れそうですね。

自分の軸は見えてきているから、それを少しずつ強靭に磨き上げようと思いました(^^)

 

自分の軸を見つけるサポートはこちら。

身体の軸も合わせて作れますよー!

 

https://www.facebook.com/makeyourhappystyle/

 

[http://:title]

★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com