読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、プロポーションもよくしたい!そんな欲張りな貴女へ。〜Conditioning Meisterエリコの気ままなPT-Blog〜

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、姿勢も良くなりたいし…そんな貴女に送る、心も身体もスッキリ!そんな情報を少しでもお伝えしていくblogです!

ポールスターピラティスの試験の凄さ3つ!

ピラティスのインストラクターはいっぱいいるけれども、折角なのでポールスターピラティスのすごさについて話してみようと思う。

 

因みにピラティスのインストラクターもピンキリで、数日でとれてしまう簡単なものから、1年以上に渡って研鑽を積むポールスターピラティスのような資格もある。

 

というわけで本題

①試験を受けるのに、講習で習った全てのエクササイズ約145個について、実技とティーチングそれぞれに合格をもらわないといけない。これは80%で合格なんだけども、ただ覚えるだけでも動けないし、エクササイズを理解してないと教えられないから大変だ。

もちろん合格をくれるのはメンター以上の研鑽を続けて資格がある人たちだけ。もちろん先生によって基準に多少の差はあるけれども、資格とっただけの人は判定できないから、それなりにしっかりしたシステムだとは思う。

 

②試験は選択問題、症例のプログラム作成、実技(デモ、ティーチング)、口頭試問とあらゆる角度から聞かれる。

ここまでされたら、暗記だけではとても太刀打ちできないよね。

 

③試験官は海外のエデュケーター。もちろん落とすための試験ではないのだけれども、試験官とは「初めまして〜」という感じです。なので試験官の先生と仲良くなって…みたいなのは通じない…笑

 

 

もちろん他にもしっかりしている団体はあるけれども、ピラティスもどこの団体かによってかなり変わるので、やりたいなという人はそのあたりも調べるといいでしょう!

 

ポールスターピラティスもファンクショナルローラーピラティス理学療法士が考えた資格!身体の専門家からみた動きという意味で本当にオススメです。

 

ピラティスインストラクターとしても活動していますので、興味ある方はこちらへ。

 

un.petit.sourire.e0210@gmail.com

 

★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com