痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、プロポーションもよくしたい!そんな欲張りな貴女へ。〜Conditioning Meisterエリコの気ままなPT-Blog〜

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、姿勢も良くなりたいし…そんな貴女に送る、心も身体もスッキリ!そんな情報を少しでもお伝えしていくblogです!

リハビリ≠マッサージ→理学療法×コンディショニング

はじめに…
リハビリは決してマッサージではない。
ここは声を大にして言っておく。

ともするとリハビリというのは筋肉を鍛えるとか、マッサージするとかただ歩くとか極端なイメージになりがちですが…


そうではない。

あくまでも個人的な意見ですが、
狭義のリハビリは身体の機能のコンディショニングを通して日常生活に復帰させることをイメージしている

その段階や身体機能によって身体を整えること=コンディショニング(マッサージも含む)、エクササイズにより適切な身体の働きを促すこと(筋トレやピラティス含む)、より日常生活に近い実践的な運動(歩行含む)を組み合わせて行っている。

コンディショニングの段階では筋肉(筋膜)の働きをタッチで捉えて、筋肉の反応を引き出すことを意識している。

話は脱線するけど、
これがなかなかわかってもらえないようで、マッサージと勘違いされるのですが、この間感動的なことが起きた!
なんと…退院後の初回利用の訪問リハビリ患者さんに、「あなたの触り方は身体の反応を引き出しているのよね」と言われた!特に何も詳しいことは説明していないのにー!感動!

話は戻して。
エクササイズでは最近はピラティス要素を入れつつ、引き出した筋肉の反応を様々な面で使えるように、運動姿勢、運動方向や課題の難易度を設定しながら、適切な筋肉の反応を引き出していくことを念頭に置いている。

そして実際の場面。もちろん目標によって歩行だったり、重いものをもつとか場面が変わるだろうけど、自然な動きの中でも最終的には身体の反応が引き出せればいいなと思ってやっている。

おわり

★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com