Conditioning Meisterエリコの気ままなPT-Blog

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、姿勢も良くなりたいし…そんな貴女に送る、心も身体もスッキリ!そんな情報を少しでもお伝えしていくblogです!

月1ピラティス×経験

職場で毎月恒例月1ピラティスの会を実施していて、今日開催してきました!!

このピラティス企画、社員の交流と自分たちのリハビリも兼ねて。社員の家族やら子供も参加しながら、和気藹々と楽しんでおります(o´∀`o)

といいつつも半分は私がやりたいだけ…笑

利用者さんには「リハビリの意義」をいくら伝えても、やっぱり身体を変化させていく大変さは自分もピラティスをしていくと実感する。それが利用者さんとの話のネタになったりどれだけたいへんなことをやっているのか経験するということは大事だなと思う。
もちろん障害の有無とか制約もあるけれど、本質は変わらない。

経験というのは言葉では言えないくらい重要なんだなと思う。

よくリハビリでも経験年数とか言われるけども、本当に経験というのはそれだけで価値があると思う。

ただ、一つの経験で得るものは人それぞれ違う。

そのことに対する熱意

物事の処理能力

考える視点

それらがかけ合わさって経験から学ぶことは変わるのかなと思う。

熱意がなければ、吸収するためのスイッチも入らない。やる気スイッチ押さないと。

どんなに足掻いても能力というものはある。自分のキャパを認めるのも、増やす努力も大事。

向いている方向が違えば経験から学ぶことは変わってくる。目的からベクトルがズレたら本質から外れる。

ピラティスでいえば、やる気は不可欠なものとして置いておいて。
ティーチングしてもらったことを自分の身体で表現する能力。言葉や誘導を理解すること。
何を目的として行っているのか。利用者さんへの還元という視点まで膨らませられるか。

ということなんだと思う。

経験を最大限に活かすために。






★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com