痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、プロポーションもよくしたい!そんな欲張りな貴女へ。〜Conditioning Meisterエリコの気ままなPT-Blog〜

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、姿勢も良くなりたいし…そんな貴女に送る、心も身体もスッキリ!そんな情報を少しでもお伝えしていくblogです!

リハビリなんだからという言葉の功罪

利用者さんたちと話していると家族や知人など関わる様々な人から「リハビリなんだから」と言われるという話しを聴く。

リハビリという言葉は本当に便利である。

確かにあまり動く意欲のない方や依存心の強い方にとっては「リハビリなんだから」という言葉は本人に自分でできることをやってもらうためにはとても重宝される言葉だと思う。

一方で、必要以上に頑張ってしまう人、無理してしまう人にとっては、「リハビリなんだから」という言葉はストレスになってしまう。

また、リハビリという言葉で何でもやらせようという風潮も解せない。
リハビリという言葉で全ての家事を押し付けたりという話しも聴く。

確かにできることはやってもらう必要はあるし、ちょっと頑張ったり工夫してできることは挑戦していいと思う。

でも、体力以上の家事を押し付けたり、無帽な家事を任せたり、それは違うのではないかな。

もしわからないなら身近な理学療法士作業療法士といったセラピストや看護師、介護士、ケアマネなど関わる人に相談しよう。

私たちも相談して貰えるように、アドバイスしたり、わからないでいつの間にか押し付けているということをなくすためにも、生活スタイル、時間の流れ、家族関係とかまでなんとなくでもつかめたらいいなと思う。

今の高齢者、特に女性の仕事は家事みたいな風潮もありそのしがらみが負担なっていることも多い。サービスの導入も含めて、包括的なアドバイスをしたり、少しでも愚痴って気分転換をしてもらったり、できることを一つずつやっていこう。
★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com