読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリコの気ままなPT-Blog〜ピラティス身体リハビリ計画〜

理学療法士界のボトムアップを図りたいと思っている一介のPTのブログ

身体の使い方×ピラティス

ピラティスをやって痛感したこと、固有受容覚って大切なこと。

???

な方も多いとは思います。

簡単に説明すると、普段意識していなくても、立ったり座ったり、寝返ったり、無意識にできます。これは固有受容覚があるおかげなんですね。

だから片麻痺になった方とかで、上手に立てない、歩けない、寝返りで肩が取り残されるといった問題が起きるわけです。もちろんこれだけが原因ではありませんよ。念のため。

この固有受容覚、無意識に使ってますが、細かい視点でみると、意外と使えてないことも多い。

例えば、運動会のビデオをみて、「えっ?こんな変な走り方なの?」とかスポーツ選手の真似をしたつもりがビデオ撮ったら全然似てなかったり、そんな経験ありませんか?

無意識に使えているようで使えてない。

これが固有受容覚。

ピラティスをやっていると、誘導されるとわかるけど、1人では出来ない。
そんなことが多発。

そして今日は正しいうつ伏せの取り方を教わったので忘備録として記載しておきます。

先ずは立位で。足の間にボール、膝の間にボール、太ももの間にボール、そこかは骨盤底筋を引き上げるイメージ。恥骨のところからチャックを引き上げるようにお腹を引き込んでいく。この時、背中の前弯キープ。肋骨締めて、肩甲骨引き下げて、手で前にある壁を押すようなイメージ。頸を長〜く、遠くを見るように頭を引き延ばす。その時息は吸ってさらに伸びる。胸椎を伸展するときは、さらにここから目線を上に挙げる。この時顎はその位置をキープ。息を吸いながら、さらに上に伸びるように胸椎を屈曲方向に。立位のニュートラルヘ。

上手にできたかは、胸椎伸展の時に頸が疲れていないこと。立位に戻る時に、上に伸びるイメージがあること。

これをそのままうつ伏せで。そしたらお腹の下にアリンコが入る隙間はあく。

よし練習だ。

★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com