痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、プロポーションもよくしたい!そんな欲張りな貴女へ。〜Conditioning Meisterエリコの気ままなPT-Blog〜

痛みも緩和したいし、心もスッキリしたいし、姿勢も良くなりたいし…そんな貴女に送る、心も身体もスッキリ!そんな情報を少しでもお伝えしていくblogです!

呼吸ー咳

喉から気管支が弱い私は頻繁に喉風邪にかかり、そこから咳が止まらない…

というわけで、せっかくなので、咳の時の身体について書こうかと。

咳にやられると、胸椎屈曲の連続…連続…夜なんて寝れたものではない。結果として前鋸筋が恐ろしく硬くなり、急激な屈曲に対して、菱形筋がとめるとめるとめる。

ついでに腹斜筋や腹直筋も咳という強制呼気のために頑張ることこの上なし。

深呼吸すると咳が止まらない、つまり吸気の刺激で、閾値が下がった、過敏な神経受容器はことごとく反応するので、呼吸も浅くなり横隔膜も硬くなる。胸郭も硬くなる。

ついでに中枢性鎮咳剤は気休め。気管支拡張薬やアレルギーの薬が効く気がします。アレロックとシムビコートにはお世話になってます。

終わり。
★コンディショニング、ピラティスのご相談はこちらまで un.petit.sourire.e0210@gmail.com